V2H Vehicle to Home

クルマが創造する
新しい暮らし

「V2H」という言葉をご存知でしょうか?
クルマから家へ(Vehicle to Home)を意味する言葉です。
このV2Hのシステムを利用すれば、電気自動車のバッテリーに貯まっている電気を、
家庭用として使うことができます。

さらに、災害時の備えとしても利用できるこのV2Hシステムは、今注目されています。

V2Hとは

V2Hシステムを導入することで、電気自動車のバッテリーを自宅の蓄電池のように扱うことができます。
停電が起きた場合にも、電気自動車のバッテリーに貯めている電気の使用、
さらに自動車の走行にも使うことができます。

V2Hシステムを導入しバッテリーを蓄電池のように使える電気自動車

V2H導入メリット

V2Hシステムを導入することで、私たちの暮らしは大きく変わります。
クルマが創造する、これからの時代の新しい暮らしをご紹介します。

  • 電気料金の節約

    電気料金の節約

    日中にクルマに乗る方の場合は、電気料金が安くなる深夜帯(夜間)に充電することができます。日中外出しない場合は、夜間に蓄えた電気を家庭用電源として使用することで、大幅な電気代の節約が期待できます。

  • 環境への配慮

    環境への配慮

    夏場の電力使用ピーク時にV2Hシステムで、電気自動車に蓄えた電気を使うことで、電力会社の稼働を抑えることができます。
    V2Hシステムは環境にもやさしいシステムです。

  • 停電時にも使える

    停電時にも使える

    災害による停電時にも、電気自動車のバッテリーに蓄電している電気を家庭に送ることで、家電を使うことができます。

補助金について

V2Hシステム導入については、設備購入や設置工事費の補助金が国と自治体から支給されます。
補助金の申請についてはさまざまな条件の確認や手続き・申請が必要になりますが、
面倒な作業は弊社で代行いたします。

SERVICE サービス紹介